カテゴリ:一般ゲーム の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ルーンファクトリー4 プレイ日記 その3

おそらく次で終わりです。






さらにガツガツプレイしています。

おそらくメインシナリオはクリアしたような気がします。
まだ一年目の夏なのですけどねw
スイスイ進め過ぎましたね。
今作はダンジョンの数が多く、攻略のやり甲斐がありました。
ルンファク2,3とダンジョンの数・規模が縮小気味でしたが、やはりこうでなくっちゃ!






さて、ここまで進めると次に考えないといけないのは結婚相手

現状はコハクかドルチェの二択ですね。
まあでも、分かり易いツンデレのドルチェを選ぶかな、やっぱり。
まだまだ好感度も低く考える猶予はあるので、
熟考して決めよう・・・うむ。






女主人公で二周目をやろうと考えていたのですが…。

クリア後の粋な計らいで別にそこまでする必要がなくなりそう。
なんと見た目を変えることができるのです(後で戻すことも可能)
なので、男主人公でプレイを始めてもクリア後は女主人公でプレイをできると。
中身はもちろん男なので、会話なんかはちょっと変な感じになりますがw

でも、あれですよ…。
見た目を女の子にしたまま、交際・結婚を迎えれば・・・まさかの百合展開(見た目上)ですよ!
あまり百合は興味ないですが、ちょっとドキドキしてきましたよっ!






ということで、今回はこの辺で。
もうしばらくルンファク4で楽しめそうです。

スポンサーサイト

ルーンファクトリー4 プレイ日記 その2

まさかの二回目。






ということで、相変わらずガツガツプレイしています。

先日スタッフロールを見ました。
「あれ、もう…?」と思いましたが、まだまだ続くようです。
むしろこれからが本番なのかもしれません。
長く遊べるゲームって良いですね。






ノーマルの難易度でプレイしていますが、現状では躓くような要素はありません

躓くとすればダンジョンのボスであったりなのですが、
モンスターを仲間にして常に連れ回していれば簡単には負けないんですよね。
町の人たちも仲間にするとなかなか優秀で、
回復してくれたり敵をひるませてくれたりします。
一人より二人、二人より三人、ですね。






前回では人妻のリンファさんがお気に入りと書きましたが、心移りが激しいです。

こういう状況になっているのは今作にはメインヒロインと呼べるキャラが居ないからなのですよね。
ルンファク1のミストさんとかそういう存在。
立ち位置的にはゼルザウィードなのですけど、町を治める竜だしなぁ…。
漫画版みたいに女の子になったりしないのかなぁ…。






ということで、今回はこの辺で。
この記事の内容がプレイ日記と呼べる代物なのかはいざ知らず…。

ルーンファクトリー4 プレイ日記その1

一回目で終わるかもしれない・・・そんなプレイ日記。






ざっくり書いていきますので、ルンファク未プレイの方は置いてけぼりを食らうと思います。
このゲームの詳細は右のバナーリンク先をご覧いただければ。






まずは運命の選択
主人公を男の子にするか、女の子にするか。
・・・男の娘という選択肢はありまs(ry
初回プレイですので、無難に男主人公をチョイスしました。
のちのち女主人公でもプレイしてみよっと。


導入はなんだかんだで今までのシリーズ作品と似た感じ。
見知らぬ土地で頑張って牧場を経営していくというもの。
それに加えて今作では王子(王女)の仕事として“オーダー”をします。
お祭りを開催したり、お店を作ったり。
一から町を大きくしていくのは面白いですね。


ヒロインは6人・・・なのかな。
男女の主人公に分けた結果、
今までのシリーズ作品の中で一番少なくなりました。
まあ、この辺りは難しいところですかね。
今のトコロ気に入っているのはリンファさん。
…って、この人ヒロインじゃない上に人妻だよ!!
だって童顔な上にうっかり屋さんというヒロイン顔負けのポテンシャルなのだもの…。
なぜだ、なぜこんな過酷な試練を用意したんだ・・・!


畑をほどほどに賑やかせつつ、冒険をガツガツ進めています
春の月(最初の一か月目)にして中盤を越えた気がします。
武器は雑魚相手には双剣、ボス相手には魔法攻撃。
強い相手には遠距離攻撃が安定しますね。
しかし、相変わらず槍とかハンマーは使い辛いです。
色々武器の種類はありますが、使える種類は限られてきますね…。






初回の今回はこんな所で締めておきます。
次回は・・・あると良いですね(他人事

ではではー。

ファンタジー世界で暮らしてきます! ~『ルーンファクトリー4』購入~

しばらく帰って来る予定はありません。

『ルーンファクトリー4』パッケージ & 予約特典

ということで、昨日発売されました『ルーンファクトリー4』を購入しました。
7月新作の美少女ゲームは延期が相次いでいるので、
しばらくはルンファクが心の支えになってくれそうですねー。

昨日発売だったのですが、今日届きました。
konozama・・・。
半年近く前から予約していたというのに。
とはいえ昨日は忙しくどっちみちプレイは出来なかったので、
良しとすることにします。

今作では初めて、スタート時から男女の主人公を選択することができます
こりゃ二度美味しいわけですね。
まずは男主人公でまったりプレイを楽しみたいと思いますー。



もうちょっと続きます。


続きを読む

ポケモンBW2プレイ日記 その1

ミルホッグでゴリ押し安定。

ということで、先日発売されたポケモンBW2のプレイ日記と称して、
あーだこーだ書いていきます。
10回にも満たないうちに終わるとは思いますが、
しばしお付き合いください。






今はバッジ5つ
中盤までは足を踏み入れていそうですね。
パーティーが非常に偏っているので、ジムリーダー戦はなかなかシビアになっています。

そんなパーティーの面々は、
ミルホッグ(Lv.38)、ルカリオ(Lv.30)、コダック(Lv.22)、ジャノビー(Lv.25)といった感じ。
メンバー自体は変わっていませんが、進化したポケモンがちらほらと。

レベルからもお察し頂ける通り、ミルホッグでゴリ押ししています。
「おんがえし」と「かみくだく」の2点張りで特攻です。
相性が悪い場合には、コダックやジャノビーの「にらみつける」で防御を下げます。
本当にミルホッグ頼りです。

ルカリオやコダックを育てようにも、
とっこうの努力値を貰えるポケモンがなかなか登場しないので、
イマイチ育てる気がわかないんですよね。
ジャノビーにはそろそろ本格的に頑張ってもらおうかなと思いますが。

そういえば、件の観覧車イベント見ましたよ。
自分も最初は普通に女性の方だと思っていたのですが、まさか男とは・・・。
ぼくの純情を弄びやがって!!
このショックをばねに頑張ります(ぇ






今回はそんな感じ。
ポケモンはやっぱり面白いですが、
時間泥棒ですのでほどほどのお付き合いにしないと。
・・・それがなかなか難しいんですけどねw

ではではこの辺でー。

ポケモン廃人への第一歩。

ポケモンマスターに、俺はなるっ!(キリッ

ポケットモンスターブラック2

ということで、本日発売の『ポケットモンスターブラック2』を購入しました。
前作はブラックを購入したので、その流れでブラック2にしました。

…ふう、買ってしまいました。。。
今日も小一時間だけのプレイにしようと思ってたんだけどさ・・・。
そうは行かないよね、やっぱり・・・。

最初のポケモンはツタージャにしました。
ブラック1の時はポカブを選んだから・・・というのは建前で、
ツタージャが一番可愛いので。
あー、♀にしなかったのが悔いの残るトコロです。

現状のパーティーは、
ミネズミツタージャリオルコダックの4匹。
ミネズミをこき使いつつ、他の3匹をちょびちょび育てています。
ミネズミくん、なんて万能な子!
・・・ま、その内パーティーから外れる運命なのですがね(ぇ

そんな感じで、やっぱりポケモン楽しいですね!
いくつになっても楽しいものは楽しいです。
ほどほどにプレイして、廃人にはならないよう気を付けたいと思います。
…もしかすると、もう手遅れかもしれませんがw






ということで、今回はこの辺で。
ポケモンは魔性のゲームだ・・・!

○○しちゃうかもしれない。

 久々に家庭用ゲームでも買おうかと帰宅途中にお店に寄ってきました。
 3月の新作までの余興になれば良いので、安い中古ゲームで良いかなぁと考えていたのですが、
新作の棚で「これ」を見かけてしまったのです。


女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。(Amazon)


 本日発売された『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』(D3 PUBLISHER)です。
 

 ・・・正直ですね、以前から結構興味があったんですよ。
 脱出ゲームというか推理ゲームって好きなんですよね。
 あーじゃないこーじゃないと色々考えるのが楽しいです。
 しかも、キャラクターデザインは白羽奈尾さん。

 戯画『シュクレ』応援バナー企画参加中!
 『シュクレ』で原画をされていたり、最近ではラノベの挿絵が増えている
正に気鋭のイラストレイターさんです。
 そんな白羽さんがデザインしたキャラが3Dで動くだけでも本当に買いな作品かもしれないです。


 ということで、本当に興味はあったんですよ。
 しかし、如何せんこのゲームを普通のお店で購入するには抵抗があります。
 ソフマップ等であれば堂々と買うのですが、いわゆる「ゲーム屋さん」みたいなトコだったので、
かなり敷居が高かったのです。


 さて・・・どうしたものか・・・。
 とりあえずパッケージの裏面を確認してみます。
 バーコードが裏面にある以上必然的に見られるわけですからね。
 ・・・。

 うん、買い難い!!
 どうしよう!!


 待て待て、レジの担当はどんな人物だ?
 男の人なら理解があるに違いない。
 なら買える(根拠なし)。
 ・・・ちらり。
 ・・・。

 ヤングな女性でした。

 こいつは精神的にキツイ!
 いつも言ってますが、私は本当に小心者なのです。
 些細な事でブロークンハートです。
 関係ないですが、「ブロークンハート症候群」なるものがあるらしいですよ。

 ・・・ふぅ、今日は出直すか。。。
 しかし、ここで私は気付きました。

 普段からエロゲーを買っているくせに何の躊躇の必要があるのか?
 エロゲーに比べれば『女の子と(ry』は単なる3DSのソフトに過ぎないではないのか?


 ・・・・・。
 ・・・。
 。


『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』パッケージ


 購入しました。
 人間、開き直れば強いモノです、はい。
 レジのお姉さんの「あ、あぁ…」みたいな視線は今でも鮮明に思い出されますが。
 こういう作品の方がエロゲーよりも変に敷居が高いと思うのは私だけでしょうか。
 無駄に苦労して買ったからにはガツガツプレイします!
 全力で楽しむ!!


 ではでは、今回はこの辺で。
 私の場合、○○の中には「緊張」の二文字が間違いなく入りますねw

エクシリアプレイ終了

思いのほか早く終わりました。


 ということで、『テイルズオブエクシリア』の1周目が先日終わりました。
 テイルズシリーズは毎度途中で投げ出すことがないので、自分の肌に合っているような気がします。

 
 感想としましては、「エリーゼが可愛かった」
 終わり。


 ・・・では味気ないですかね。
 でも率直な感想はそれに尽きるんですよね。
 エリーゼ可愛すぎる。
 テイルズシリーズで一番好きになったキャラかもしれません。
 まず、造形が良い。
 なに、あの可愛い生物。
 庇護欲に駆られます。
 そして年相応の可愛らしい性格。
 なに、あの可愛い生物。
 庇護欲にk(ry
 エリーゼについてならいくらでも語れそうな気がします。
 それだけでは色々残念な感じになりそうなので、内容についても。
 
 
 ストーリー。
 正直なところ、いままでのテイルズの中で一番心に響かなかったです。
 エンディングを迎えても何ら感動を覚えませんでしたし。
 「後は想像にお任せします」みたいな感じで、投げっぱなしも良いところだったしなぁ…。
 他のテイルズをプレイして舌が肥えているせいもあるとは思うのですが、どうも…。
 やっぱり主人公を複数用意した結果、無理が祟ったような気がします。
 文学の世界ですら難しいのに、ゲームでそれを実現するのは更に難しい気がします。
 ファンの要望などもあるでしょうから、一言では片付けられないんでしょうけども。


 バトル。
 リンクシステムが導入されたバトルは爽快感あり。
 序盤から派手な攻防を繰り広げることができます。
 ただ、序盤からリンクで共鳴術技を連発できるせいで、戦闘がじょじょに淡泊に感じはじめました。
 有体にいえば飽きました。
 序盤から終盤まで共鳴術技に頼らざるを得ないですしね。
 共鳴術技にもっとバリエーションがあれば良かったかなぁと思います。


 ということで、ストーリーやバトルにあまり感銘を受けなかった分、
キャラクターに興味を引かれた結果になったように思います。
 エリーゼ可愛いです、はい。
 とはいえRPGとして十分に楽しめるので、テイルズはやっぱりやめられないですね。
 そろそろ声優さんのネタが尽きてきている感がありますが(大塚芳忠さんとか2作目だし)、
今後もまだまだ楽しめそうなシリーズです。


 エクシリアは二周目に挑む気力はあまりないので、『メルルのアトリエ』の続きを再開しようかと思います。
 メルルも可愛いなぁ…。
 本当に節操のない人間です。



そんなこんなで、今回はこの辺で。


 金曜までには終わら・・・ないだろうなぁ。

ハマると危ない

 序文。
 エリーゼ、可愛いよエリーゼ。








 ということで、『テイルズオブエクシリア』をプレイしています。
 エリーゼが可愛くていろいろツラいです。
 ミラさんはもう眼中にありません。


 テイルズには「アタッチメント」という見た目を変える装備があるのですが、
ツインテールというアタッチメントをエリーゼに装着させると反則級に可愛い。
 通常比150%ぐらいには可愛い。
 ツインテールじゃなくても可愛いのですが。
 とにかく可愛い。
 可愛い。
 ・・・これだけ連呼するとヤンデレっぽいですね。


 バトルは「リンク」が熱い。
 二人で共鳴して技を繰り出すというなんだかエロいシステム。
 実際は全くエロくないですが。
 主人公のジュードとエリーゼでガンガンリンクしながらのバトル。
 序盤は二人の共鳴術技があまり使い物にならなかったのですが、
じょじょに良い技が使えるようになりました。
 ジュードとエリーゼの二人はほぼ固定バトルメンバーですね。
 良い感じです。


 ストーリーは…よく分からないです。
 今作は二人の主人公のうちの一人を選んでプレイするというシステムで、
選ばなかった方の主人公の心の内が分からないようになっています。
 その為か、ところどころ話が見えなくなったり淡泊に感じることがしばしば。
 二周する気力もないですし、正直このシステムはどうなんだろうと思います。
 女性主人公でプレイしたいと思う方もいるでしょうから難しいところなのでしょうが。


 しかし、エクシリアって凄くスターオーシャンの3や4に似てますよね。
 スターオーシャン自体、テイルズから派生したという歴史もあるわけですが、
ワールドやダンジョンがだだっ広いであったり宇宙戦争っぽい展開であったり
というのが凄くデジャブに感じます。
 エクシリアをプレイし終わったらPS3版のSO4を買ってプレイしようかなぁ…。


 という話でした。
 つまるところ、ゲームに没頭しているためブログの更新は控えめになっているという事実です。
 先日「これから更新頻度上げちゃう」なんて世迷言をほざいてしまいましたが、世の中うまく行きませんね。
 エクシリアのプレイが終わるまではこんな感じです。








 跋文。
 エリーゼ、可愛いよエリーゼ。

ととモノ。ライフFinalすたーと

発売日から結構経っていますがねー。


ととモノ。Final

ACQUIRE発売の『剣と魔法と学園モノ。Final』です。

 歴代のシリーズは、1と2をプレイしました。
 1の時は新鮮にプレイすることができたのですが、2は結構飽きるのが早かったように記憶しています。
 そのため、その後は購入を控えていました。

 そして月日は流れ、5作目をもってFinalとなってしまったので、折角なので久々に購入してみることに。
 単純なダンジョンRPGですが、中毒性が高いんですよねー。
 頑張ってエンディングまで辿りつきたいと思います。



以下は予約特典のブツ紹介と簡単なプレイ報告です。


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。