『SuGirly Wish ~シュガーリィウィッシュ~』(HOOKSOFT)プレイ感想その3

砂糖菓子のように甘い!!(二回目

SuGirly Wish ~シュガーリーウィッシュ~ 2011.09.30発売予定! SuGirly Wish ~シュガーリーウィッシュ~ 2011.09.30発売予定! 

HOOKSOFTより9月30日に発売されました『SuGirly Wish ~シュガーリィ ウィッシュ~』です。
間隔が空きましたが続きとなります。
プレイ自体は終わっているので、レビューをカキカキするのみですね。
今回三回目は、杏奈ひなの個別ルートの感想となります。
どっちも可愛いよっ!

ということで、レビュースタートです。





SuGirly Wish ~シュガーリーウィッシュ~ 2011.09.30発売予定!
まずは、ミステリアスな杏奈

彼女のロマンティックレシピは「眠れる森の魔女」
杏奈は学生寮の自室で怪しげな調合を夜な夜な行なう「いかにも」な感じの子。
そんな杏奈は普段は魔女と呼ばれているわけですが、中身は普通の女の子です。
 
杏奈のガーリートーキングも一風変わっていました
彼女らしい独特なものでした。
妄想もなんとも不思議な感じ。
・・・うーむ、形容し難いw
この子のガーリートーキングが個人的に一番ツボであったかもしれません。

杏奈はダブっていたり屋根裏に住んでいたりなど、ミステリアスな子なのですが。
作中ではそれがあまり活かせていなかったように思います。
「杏奈の正体が少しずつ判明していく」ような展開であれば良かった…のかも…?

とはいえ、何かとメチャクチャな杏奈とそれに付き合う主人公の姿は見てて飽きませんでした。
ギャグだとかそういう面白さでいえば、このルートが一番面白かったかなぁと思います。






SuGirly Wish ~シュガーリーウィッシュ~ 2011.09.30発売予定!
主人公の妹であるひな

ひなのロマンティックレシピは「お兄ちゃんとの結婚式」
ひなはお兄ちゃんにベッタリなブラコンさん。
そんな彼女のレシピは直球なものとなっています。

ひなの魅力はその真っ直ぐさ
いつでもどこでも主人公に好意をぶつけてくるひな。
見ていて気持ちいいものがありますね。
も、もちろん下半身的な意味ではありませんよ(黙れ
兄への一途な想いを場面場面で感じることができました。

ですが、個別ルートに入ると大真面目な展開に
甘々な展開が続くのかと思っていたのですが、ちょっと驚くぐらいにシリアス(?)な展開が長かったように感じます。
主人公とひなは実の兄妹ですからね…。
…まあ、そういうことですよ。
その辺りの描写がよく出来ていたなぁと思います。
物語も凄く綺麗に終わっていましたしね。
シナリオの質で言えば、ひなのルートが一番だったかなと思います。






ということで、三回目のレビューは終了です。
次でラストとなります。
愛ルートの感想総括のセットです。
プレイ自体は終わっていますので、早めに書く「つもり」ではいます。
予定は未定・・・ってこのセリフも何回使えば良いんだろう。

ではでは、今回はこの辺でー。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する