『学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS -』(Lump of Sugar)体験版プレイ感想

なんだか“凄かった”。


学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!


Lump of Sugarより2012年1月27日発売予定の『学☆王 -THE ROYAL SEVEN STARS-』です。

 シナリオライターにしげたさん、メイン原画に梱枝りこさんを迎えた今作。
 「本当にランプの作品なの・・・?」というスタッフ陣ですが、面白そうでしたので体験版をサクッとプレイしてみましたよっと。

 前作『ダイヤミック・デイズ』の体験版感想は↓で。
 ほんのついでです。

 -ダイヤミック・デイズ体験版感想-
 http://husahusahusako.blog18.fc2.com/blog-entry-67.html



ではでは、レビュースタートです。








①シナリオ・テキスト

 あらすじです。

「学園生活を楽しみたい!」

その想いを胸に、遠い宇宙の彼方から地球へやってきた少年・大陸(ひろと)。
彼の向かう先は、世界最高峰の教育機関として名高い 『ジュネシス』 という国である。
ジュネシスに数ある学校の中で、異星人の大陸を留学生として受け入れたのは、私立・近衛ヶ原学園。
憧れの学園生活に胸をときめかせていたものの、現地で彼は衝撃の事実を知らされる。

「クラスメイトが俺を含めて7人しかいない1?」

しかも学園すべての合計人数だという。
近衛ヶ原学園はかつてよりジュネシスからいやがらせを受け、今や廃校寸前に追い込まれているのだ……。

「そうか……だったら、戦争だッ!」

宇宙からの留学生というのは表の姿。
実は故郷の国より “ジュネシス侵略” という特命を受けた、宇宙人の王子様だったのだ!

星の王子が巻き起こす、侵略的はちゃめちゃホームステイ学園活劇が、今始まる!

(公式HPより引用)



ということで。

 ヒロインというよりは主人公ありきの作品となっています。
 しげたさんの作品といえば、『プリンセスうぃっちぃず』や『ティンクル☆くるせいだーす』などが挙げられますが、『学王』もそのエッセンスを十分に含んだ作品となっていますね。


「学校に行きたくなるADV」というジャンル付けがされていますが。

 クラスメイト7人・・・?
 廃校寸前・・・?
 侵略・・・?

 行きたくなる・・・のか?

 展開次第…なのでしょうね。
 学園の不安を煽る序盤の展開でしたが、なかなか続きが気になるところです。

 その実、美少女がいればそれだけで…というのは無粋でしょうかw


②グラフィック

 メインの原画は梱枝りこさん。

 梱枝さんの原画作品は異色のものが多かっただけに、『学王』のような作品で梱枝さん原画のグラフィックを楽しむことができるというのは願ったり叶ったりです。



③キャラクター

 魅力的なヒロインがいることも然ることながら、愉快な男友達がいるというのも重要ですね。
 主人公は…良い意味で「バカ」ですね。
 クルくるのシン君みたい。
 
学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
 一番惹かれたヒロインは、光莉(あかり)。
 真咲は単純な男なのです。



④サウンド

 省略。


 ・・・・では味気ないので、OPについて。
 いつにも増して高音ですね(それだけ?



⑤オリジナリティ

 前作『ダイヤミック・デイズ』とコンセプトが似ているようなそうでないような。
 個人的にはこちらの方が好みですが。



⑥システム・コンフィグ

 やっぱりオートモードの勝手が悪いような…。
 自分が下手なだけでしょうが、うまく調整できないです。
 むぅ。

 ムービーやエフェクトが凄いです。
 最初のプロローグは「おー!」となりましたね。



⑧総評:9/10

 最後まで面白かったです。
 1月購入予定タイトルの筆頭になりそうですね。
 今度こそ、角砂糖の新作を購入する…か?

 よくよく考えると『いきなりあなたに恋している』からまだ半年しか経っていないんですよね。
 だからなんだって話ではありますが、梱枝さん原画の作品をまたすぐ楽しめるのは嬉しいですね。








という感じでしたが。

 店舗特典がどこも魅力的で、どの店舗で予約するか非常に悩みどころです。
 ベッドシーツも良いけどタペストリーもなぁ…。
 複数買いできる男気があれば良いのですが、なかなか。



ではでは、今回はこの辺で。

 クルくるPSSと同時期か・・・。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する