『神がかりクロスハート!』(ういんどみる)体験版プレイ感想

 これぞ王道!

『神がかりクロスハート!』応援中!

 ういんどみるより5月25日発売予定の『神がかりクロスハート!』です。
 略して神クロ。
 今作はういんどみるの10周年記念作品の第一弾ということで、
原点回帰した“ういんどみるらしい”作品となっています。
 『はぴねす!』を初めてプレイした時のような気持ちを再び呼び起こしてくれると願ったり叶ったりですね!

 しかし、ういんどみるももう10周年なんですね…。
 時の流れというのは早いものです…。

 ではでは、レビュースタートです。



(1)シナリオ・テキスト

 あらすじです。

願い事をしたら、神様の使いが憑いちゃった!?

10年会っていなければ、女の子ってヤツはあちこち成長する。
久々に再会した幼なじみも、身体つきは全体的に丸みを帯び、胸だって随分大きくなってた。

だけど、そんな幼なじみがまさか裸でお風呂に転移して(飛び込んで)来るなんて!


「ほら、お姉ちゃんの願い、ちゃんと叶ったでしょ?」

どうやらそれは、杏子と一緒にいた、喋る謎の子犬のせいらしくて。
「神使」と名乗るその子犬は、憑いた対象に神通力を与える力を持っていた――。

いったいこれはどういうことなんだ?
その謎を解明している間もなく、
幼なじみのみならず、クラスメイトや同居する従兄妹までが次々と神使憑きに。

絶え間なく巻き起こる騒動、肌色のハプニング。

どうするどうなる俺の新生活……!?


(公式ストーリー紹介より引用)



 ということで、神使憑きになって色んなハプニングが起こるラブコメということで。
 非常にムフフな内容となっています。
 うん、非常に分かり易い!!
 肩肘張らずに気軽にプレイできるのが良いトコロではないでしょうか。
 ちなみに、ライターはちゃとらさんに高嶋栄二さん、保住圭さんということで、
過去にういんどみる作品の数々を手掛けている方々。
 ういんどみるファンとしては本当に嬉しいスタッフ陣です。

 舞台は少し田舎の観光地
 旅館や茶屋が並んでいるちょっとした繁華街。
 繁華街を外れればそこは懐かしい田舎の風景。
 自分がプレイしたことのある作品の中では、
『さくらビットマップ』になんとなく似ているなという印象を受けました。

 作品全体の雰囲気としては『ツナガル☆バングル』辺りに似ているかなという印象です。
 ちょっとしたワクワク感がツナバンを彷彿とさせますね。 

 テキストはキャラ同士の掛け合いが多く、楽しくプレイを進めることができます。
 神使が何かとアクセントとなっていて良いですね。


(2)グラフィック

 原画は鳴海ゆうさんと有河サトルさん。

 鳴海ゆうさんは『色に出でにけりわが恋は』でも原画を担当されていたのは記憶に新しいところ。
でにけりはシナリオが・・・だったのですが、原画に関しては非常に良かったので今作も楽しみなところ。

 有河サトルさんはラノベの挿絵や『星空へ架かる橋』、『よめはぴ!』などで有名ですね。
 有川さんの原画とういんどみるの独特の彩色が合わさると凄く新鮮です。

 背景は先述の通り、少し古い町並みの様相を呈しています。
 瓦屋根の家屋であったりそんな感じ。
 なんとなく好きな雰囲気ですね。
 

(3)キャラクター

 ういんどみるらしい個性溢れるなキャラクターが揃っています。
 ヒロインたちも良いですが、脇を固めるサブヒロインたちも光っています。
 ミサキ軍団も良い味出してます。
 ひとつ残念なところと云えば、男性キャラが登場しなかったことでしょうか。
 『はぴねす!』のハチにしろ、『Hyper→Highspeed→Genius』のユリウスにしろ、
ういんどみる作品と云えばユニークな男友人という部分もありましたので、少し寂しいかもしれません。

 各ヒロインの印象について。

『神がかりクロスハート!』応援中!
 “わんこ”こと杏子(あんず)。
 人懐っこく口調も「わふー」となったり、完全に犬っ娘
 素直に可愛い子ですね。
 CVは有栖川みや美さん。
 幼馴染とくればやはり有栖川さん、ですね。

『神がかりクロスハート!』応援中!
 杏子の親友のこねこ
 主人公・翔悟にはツンツン、杏子にはデレデレと非常に分かり易い子です。
 しかし、女の子同士がちゃん付けで呼び合うのって何だか良いですよねぇ…。
 ┌(┌^o^)┐ソレハチガウ
 CVは小倉結衣さん。
 小倉さんの演じるツンデレキャラは最高ですね。

『神がかりクロスハート!』応援中!
 杏子と同じく幼なじみの(ひじり)。
 明るい性格でお茶目な子ですね。
 意味深なセリフで主人公を困らせますが、いやぁ実際に言われたら堪らんでしょうね。
 CVは波奈束風景さん。
 でにけりでも出演されていましたね。

『神がかりクロスハート!』応援中!
 先輩その1の沙菜さん。
 クールで実直な先輩。
 体験版では出番がほんのちょっとだったのが残念でした。
 個人的に白玉餡子抹茶漬けは美味しそうだと思ったのですけどねw
 CVは海原エレナさん。
 ういんどみる作品では意外にも初めての起用…?
 いや、『くれいどる そんぐ』に出演されていましたね。
 また懐かしいタイトルです…。

『神がかりクロスハート!』応援中!
 先輩その2の青梅(おうめ)さん。
 ハキハキと物を言うヒロインが多い中で、青梅さんは物静かな大和撫子
 癒されますねぇ…。
 CVは神楽舞さん。
 お名前も声も初めて聴く方ですね…。
 うーん、でも何処かで聴いたような気もするし…うーん。

 それぞれCVの方のお名前を書いてみると、
今までういんどみる作品にあまり出演されていなかった声優さんを多々起用していますね。
 良い感じです。


(4)サウンド・ムービー

 BGMは『Strawberry Nauts』のBGMも手掛けたOdiakeSさんが担当。
 場面の雰囲気を大事にしたBGMとなっていそうです。


 OP曲の歌い手はNANAさん。
 ういんどみると云えばElements Gardenですよね。


(5)オリジナリティ―

 原点回帰を目指した作品ですので、そういう意味ではオリジナリティ―の強い作品ではないかも。
 楽しくプレイできて大変良かったですけどね。


(6)システム・コンフィグ

 いつも書いてますが、CatSystem2を搭載しているので、
立ち絵が動き回ったりして非常にユニークです。
 (おそらく)今作からクリックしてもオートモードが解除されなくなったのも、
非常に嬉しい変更点でした。


(7)総括:9/10

 最初から最後までういんどみるらしかったです。
 「原点回帰」という言葉が本当に相応しい作品です。
 しかし、この原点回帰というのが表と出るか裏と出るかは製品版をプレイするまでは分からないトコロですね。
 ともあれ発売日を心待ちにしております。






 そんな感じで神クロ体験版のレビューは終了です。
 ういんどみる作品という時点で買う気満々なのですが、
それを抜きにしても楽しみな作品です。
 ちゃとらさんや高嶋栄二さん、保住圭さんがシナリオを手掛けているのが本当に嬉しいです。
 期待しない訳にはいかないのです!

 ということで、今回はこの辺で。
 神使か・・・自分も紳士であり続ければいずれ・・・。

 ないない。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する