『めちゃ婚!』(onomatope*)プレイ感想

一夫多妻…?うらやまけしからん!

めちゃ婚!3月25日発売!-onomatope*

onomatope*より2011年4月8日に発売されました『めちゃ婚!』です。
『桜ノーリプライ』も発売間近に迫ったonomatope*の記念すべき第一作です。
いわゆるメーカー処女作だったのですが、
コンセプトに惹かれて購入しましたね。
一夫多妻アドベンチャー。
由々しき事態です。

ということで、レビュースタートです。
発売日に買ってプレイしたのですが、気付いたら1年超・・・。



(1)シナリオ・テキスト:12/15

あらすじです。

奥さんをいっぱい娶らないといけません!
“法律で” 決められてるんです!
5人の奥さんと家族になっていく、ファミリーハーレム・ラブコメディ

政府が突如執行した、少子化対策 
それは、金持ちは多くの妻を娶り、たくさんの子供を
もうけなければならないというものだった・・・
とはいえ、そんな法案が可決してから10年・・・
一夫多妻な家庭も多く見られるようになった現代

ひょんなことから、莫大な遺産として大企業を相続することになった主人公。
彼女もいない主人公は、クラスメイトや学校の後輩、
幼なじみなどなど身近な女の子たちにプロポーズをする。

紆余曲折の末、見事一夫多妻となった主人公が、5人の新米奥さんたちと
いちゃいちゃしたり、いろいろ悩んだりしながら、家族を作っていくハートフルハーレムADV!

(公式ストーリー紹介より引用)



ということで、なんだそのうらやま・・・けしからん展開は!
お金持ちは一夫多妻が認められるだと…!?
売れ残りが溢れかえるやないかーい!\(^o^)/
・・・ごほん。

幸か不幸か、そんな立場となった主人公。
お嫁さん候補のヒロインたちにアタックしていくのですが…。
これだけ抽出するとなんだか主人公が凄く軟派な印象を受けますが、
その実はそうでなく、非常に誠実な主人公
一夫多妻に疑問を抱きながらも真摯にその立場に向き合っていきます。

結婚までの流れは割とアッサリしているのですが、
結婚してからが非常に濃密で、ヒロインたちと家族になっていく過程がしっかりと描かれています。
ファミリーハーレム・コメディは伊達じゃない。

一夫多妻を正当化させるためにいたるところで工夫がなされているのですが、
その為かちょっと小難しい話が多めです。
ルートによっては結構付いて行くので精一杯になるので、
もっと直観的に楽しめる内容でも良かったかもです。

ハーレム展開ばかりでなく、もちろん個別ルートはあります。
ただ一夫多妻という設定ですので、ヒロイン一人だけと結ばれるなどといった展開は・・・ね。
ですが、そのお蔭で個別ルートに入っても他のヒロインがよく登場します
中には他のヒロインが良いトコ取りしているようなルートもw
最後まで賑やかな作品です。

ということで、シナリオはしっかり練られて描かれていて、
ただのハーレムモノではありません
自分もそのプラス要素に期待して買った経緯があったので、大変満足でした。


(2)グラフィック:16/20

原画は成沢空さん、蒔田真記さん、瑠奈璃亜さんのお三方。
可愛さの中にどこか色気もある絵柄です。

一枚絵はなかなか数が多いのですが、Hシーンのグラフィック率が非常に高いので、
日常シーンの一枚絵が少なめなのは残念なところです。
シナリオが結構長めなので、それだけに一枚絵の必要性は高いように感じました。


(3)キャラクター:7/10

キャラ自身に関してはそこまで強い印象は抱きませんでした。
やはり一夫多妻という設定が抜きんでていますね。

めちゃ婚!3月25日発売!-onomatope*
お気に入りのヒロインは椿
ファンシーな服装にツインテール、更にはネットジャンキーと通好みなキャラですね。


(4)サウンド・ムービー:7/10


OP曲の『LOVE*V』はなかなか中毒性高め。
ふふー!


(5)オリジナリティー:5/5

一夫多妻をここまで積極的解釈で捉えた作品は例をみないですね。


(6)システム・コンフィグ:6/10

並々です。
他メーカーと比べるとちょっと劣るトコがあるかもしれません。


(7)Hシーン:9/10

Hシーンが凄く多かったので、
次回作が『桜ノーリプライ』だというのがかなり驚きなんですよねw
方向性の転換が凄まじいw

一夫多妻ですので、それに準じた(?)シーンも多数あります。
個人的にはシチュエーションが似ているものが多かったのが残念だったかなという印象です。
それでも数が半端ないので、全然満足行きましたが。


(8)お気に入り:16/20

ハーレムモノからここまでの作品に昇華されているのはただただ凄いと思いました。
粗さは目立ちますが、ひとつの作品として十分に評価できます。
次回作『桜ノーリプライ』も素晴らしい作品であることに期待です。


ということで、合計点は「78点」です。




『めちゃ婚!』のレビューはこれにて終了です。
一年前の作品ですので、さすがに忘れていることも多く、再度プレイしながら書きました。
それでもいつもよりも粗さが目立つレビューになってしまいましたね。
『めちゃ婚!』の魅力をあまり伝えられていないかも。
反省です。

ということで、今回はこの辺で。
一夫多妻制が認められたら独身男性の一揆が起こりそうですねw
関連記事

管理者にだけ表示を許可する