『1/2 summer』(ALcot ハニカム)体験版プレイ感想

ALcot ハニカム 『1/2 summer』 応援中!

ALcot Honey Combより6月29日に発売予定の『1/2 summer(ワンサイド・サマー)』です。
しばらくミドルプライスの作品が連続していましたが、
ここに来て、フルプライスの作品が登場です。
原画もせせなやうさんということで、意欲作のようですが…。

ではでは、レビュースタートです。






(1)シナリオ・テキスト

あらすじです。

セミもせわしく鳴き始める八月、夏休みに田舎の旅館を手伝うように言われた主人公・草薙枢(かなめ)は、
バイト代も出るというので何となく承諾した。
うだるように暑い東京にいるよりも、東北の田舎町の方が涼しいと思った枢は、
暇をしていた妹・一葉(かずは)を連れて、新幹線に乗り込んだのだ。

枢の田舎は東北の山奥にあり、小学校低学年まで過ごした思い出の場所である。

ところが着いてみると駅周辺は開発が進み、大きな学園都市ができていた。
そこには枢の記憶に残る景色はなく、整備された町が広がっていたのである。
それでもバスに乗り込んで旅館に向かうと、町を離れるにつれて懐かしい景色が広がっていく。
やがて見覚えのあるバス停で降りると、そこには懐かしい旅館がたたずんでいるのだった。
ところが旅館で枢を待っていたのは、学園の女の子たちだった。
学園の寮が突如使えなくなり、夏休みも寮を利用する生徒たちがこの旅館に入ることになったというのである。
枢は彼女たちの面倒をみるために、呼ばれたのである。
幸先不安なスタート。
しかも枢にはもう一つ不安があった。
この旅館にはイタズラ好きの座敷童子が住み着いているのだ。

「こりゃ貧乏くじを引いたか?」

自由奔放な彼女たちに悪戦苦闘する枢の夏休みが始まるのだった。



ということで。
昔住んでいた田舎町に帰ってきて、懐かしい面々とキャッキャウフフするお話です。
間違ってはいないはず。

で、率直な感想は「微妙」の一言。
原因としては、発展性の無いストーリーにある気がしますね…。
日々の生活に目的や目標がなく、漠然とした状態で物語が進むので、
面白さを感じる要素が少なかったです。
イマイチ何をやりたいのか要領を得なかったですね…。

座敷童子のクロハが物語のキーパーソンとなってきます。
クロハの気まぐれによって主人公は色んな目に遭うわけですが、
クロハの存在によって話の流れがワンパターンになってしまっているので、
体験版以降ではどう変化が与えてくるかが
作品の良し悪しに大きく影響を及ぼしそうな気がします。

しかし、『1/2 summer』ってどういう意味なんでしょね?



(2)グラフィック

原画はせせなやうさんが担当。
せせなさんが原画を担当されていた作品はほとんどプレイしているのですが、
毎回原画の雰囲気が変わります
一目見てせせなさんの絵だというのは分かりますけどね。

今作はせせなさんの単独原画
単独原画は理想だと思うのですが、現実問題としてどうなのかなぁという気持ちがあります。
CGの枚数であったり質の維持であったり。
フルプライスのタイトルなだけに、ちょっと気になるところです。



(3)キャラクター

ヒロインは4人いてそれぞれ可愛いのですが、
脇を固めるサブキャラの個性が強かったですね。
妹ちゃんのルートはどうせないんだろうなぁ…。

ALcot ハニカム 『1/2 summer』 応援中!
お気に入りのヒロインは(かなみ)。
CVの桐谷華さんの演技の全力さが、叶の積極的な性格とすごく噛み合っていたように思います。



(4)サウンド・ムービー

BGM担当はアニメ等でも有名な大川茂伸さん。
どのBGMもとても聴き心地が良いです。

プレイしていて思ったのですが、
この作品はBGMの切り替えが少ないです。
おそらく雰囲気を崩さないようにするための工夫だと思うのですが、
色んな作品をプレイしていると若干違和感みたいなものを覚えたりもしました。


OP曲はnaoさんが歌い手。
意外…?



(5)オリジナリティ―

作品全体の雰囲気は割とありがちなのですが、
そこに座敷童子のクロハがどう絡んでくるか…ですかね。



(6)システム・コンフィグ

コンフィグ画面はリニューアルした…のかな?
春ポコもこんな感じでしたっけ?

立ち絵がぴょこぴょこ動き回るのはやっぱり良いですね。



(7)総括:6/10

フルプライスというのがネックになりそうですね。
優しい雰囲気で良いのですがあまりに中身の伴わないお話ですので、
これをフルプライスのボリュームでプレイすると途中で飽きてしまいそうな気がします。
体験版以降でお話が大きく動くのかもしれませんが、
体験版の段階ではちょっと…。






という感じでした。
うーん…。
ミドルプライスの作品に対してフルプライスでやりたいと思うことはしばしばあるのですが、
その逆を思うことは珍しい気がしますね。
難しい…。

ではでは、今回はこの辺でー。
Rivさん原画の新作は出ないのかな…?

関連記事

管理者にだけ表示を許可する