『イモウトノカタチ』(Sphere)体験版感想

まさかの5人目・・・!?



Sphereから7月27日に発売予定の『イモウトノカタチ』です。
妹に囲まれてイチャイチャ…なのかと思いきやそうでもないようで。

早速レビュースタートです。






(1)シナリオ・テキスト

あらすじです。

今よりほんの少しだけ、未来の世界。
美馬雪人は天涯孤独の勤労青年。
幼い頃に両親を災害で失い、かすかにその存在を覚えている妹も行方不明。
施設に預けられた後は、学費をアルバイトで稼ぎながら学校に通っていた。

そんなある日、故郷の街がニュースで取り上げられているのを偶然目にする。

街は両親が亡くなった実験都市の災害で壊滅的な打撃を受けたが、
その後住民たちの力で復興。その復興から節目の15周年を迎えて、
過去の記録が一般公開されることになったのだった。

災害当時、多くの子供たちが両親や兄妹を失い、身元も判らない悲惨な
境遇になっていた。その一人である雪人は、公開される過去の記録を調べれば、
もしかしたら行方不明の妹と再会できるのかもしれない、と強く思う。

そして雪人は、かすかに覚えている存在の妹を探すために、
故郷の街「鵠見市白鳥環境特区」へ行くことを決意した――

(公式ストーリー紹介より引用)



自然災害で生き別れた妹と再会するべく、
故郷の地に乗り込んだ先で出会ったのは・・・ということで。
非常にタイムリーな題材を扱っています。
それだけに真摯な姿勢を見せて欲しいですね。
作為的な悲劇ほど見ていて不愉快なものはありませんから。
体験版に関しては題材をしっかり掘り下げていた印象を受けます。
安直さを感じなかったので、そこは一安心。

シナリオは興味を引かれるところなのですが、
キャラのやり取りがしつこいので、読んでいて少し疲れたかもしれません。



(2)グラフィック

原画は武藤此史先生、こだまさわ先生、橋本タカシ先生の三氏。

武藤先生はensemble、ALcotハニカムを経て今作の原画を担当されていますが、
過去作の彩色のイメージが強いので、
今作の彩色に馴染むかどうかはまだ判断の迷うところです。
担当ヒロインは美優樹とミータ。

こだま先生は初見の方。
ちょっと調べてみたら凄く若くてビックリしました。ほへー。
ヒロインの原画は千毬を担当されています。
基本的はツインテールなどが好きなのですが、
千毬のようなショートでオデコを覗かすようなキャラも良いですね。

橋本先生は以前より好きなイラストレイターさんなのですが、
実は氏が携わった作品はプレイしたことがないという。
意外といえば意外。
担当ヒロインはあやか。
作中で「出来損ないのツインテール」と呼ばれていたような気がしますが、
これぐらいの長さの方がリアリティーがあって良いかも…?



(3)キャラクター

主人公の雪人が面白いです。
なんだろう…鈍感な主人公は多々居ますが、
雪人は鈍感なのではなく天然なのですよね。
なので、こういったゲームにアリガチな鈍感な主人公にイライラする…ということはなく、
どこか微笑ましい気持ちになりますねw

ヒロインは枠にとらわれない面々が揃っています。
プレイしていくと第一印象からイメージがドンドン変わっていきました。
お気に入りのヒロインはあやか
お嬢様キャラ(でも人が好い)には弱いのですよ…。



(4)サウンド・ムービー

BGMはCUFFSやCUBEでもお馴染みのPeak A Soul+
真の意味でBGMに適した曲が多かったです。


OP曲はDucaさん。
イントロが好きですねー。



(5)オリジナリティ

「この中にひとり妹が・・・!?」な感じでドタバタした作品になるのかと思いきや、
真剣に妹を探していく展開がかなり好感を持てました。



(6)システム・コンフィグ

コンフィグは特に気になるところはありませんでした。
良質。

序盤の選択肢は必要だったのかな…と疑問を持ちました。



(7)総括:9/10

…買います。






ということで、レビューは終了。
買います・・・多分。

これはかなり個人的な話になるのですが、
ヒロインが4人の作品はよっぽどの作品でない限り買わないようにしているんですよ。
「4」という数字が縁起が良くないという些末な話から、
4人だとその分ボリュームが少ないのではないかという本質的な不安まで、
色々思うトコロがあるんですよね。
で、今作も当初はメインヒロインが4人だったように記憶しているのですが…。

あれ、公式HPには一人メインヒロインが追加されてる・・・?

ということで(?)、気持ちが揺らぎに揺らいで、購入意欲が急上昇でアップしました。
だって、5人目のヒロイン可愛いんですもの。
CVも夏野こおりさんで、なんとも満を持しての登場の様相を呈していますし。
うん・・・こりゃ買うっきゃないですよ。


ではでは、今回はこの辺で。
7月も買いたい作品が増えてきそうだな…。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する