『竜翼のメロディア』(Whirlpool)体験版プレイ感想

マクロス…?

竜翼のメロディア 応援バナー

Whirlpool(ワールプール)より9月28日発売予定の
『竜翼のメロディア-Diva with the blessed dragonol-』です。
ゲームの世界観と密接に関係した音楽を売りにする今作。
ボーカル曲が8曲もあるという気合の入り様なのですが…。

ということで、レビュースタートです。






(1)シナリオ・テキスト

あらすじです。

遥か昔、邪竜との大きな戦いがあった。
聖竜と力を合わせその脅威を退けた者たちが建国した「ヴェストリア王国」。

奇跡の歌の力を持つ姫が象徴となっているこの国では、
音楽に携わる者は憧れの職業として尊敬の対象となっていた。

その中でも特に選ばれたものが入学を許される
音楽家育成機関『エルトメール音楽院』。
そこには未来の音楽家を目指し、多くの若い才能が集うことになった。

その学院に通い始めて間もなく一年が経つ主人公リュートは、
留年ギリギリの学院生活を送りながらも、妹とふたりで平穏に暮らしていた。

そんなある日、リュートは街で不思議な雰囲気を纏った少女と出会う。
ほんの偶然から行動を共にすることになった少女とリュート。
楽しい時を過ごした後、また会えるからと言って彼女は去っていった。

新しい出会いに胸をふくらませていたリュートだったが、
その夜、突然家の庭になにかが墜落したような音が響く。
庭を大きく抉ったようにできたその穴には、
鱗状のようなものに体を覆われた、謎の生物がうずくまっていたのだった。

長きに渡り紡がれた物語に、新たなページが記されていく……。

(ストーリー紹介より引用)



ということで、ファンタジー世界と音楽という珍しい取り合わせの今作。
冒険などとはまた違った壮大さを感じますね。
お話の内容は体験版の段階ではまだまだ導入部で、
これからどうなるのか?という所で終わってしまったので、
非常に続きが気になりますね。
奥深い物語を見せてくれるのか、はたまたヒロインたちの掘り下げをするのか、
色んな期待を寄せることができます。

『MagusTale』や『涼風のメルト』などを手掛けた天三元さんがライターを務めているのですが、
過去作で見せたキャラの魅力は今作では陰りを見せているように感じました。
導入部分なのでまだ何とも言えない所ではあるのですが、
キャラクターたちよりも世界観が前に出てきている印象です。



(2)グラフィック

原画はWhirlpool看板絵師のてんまそ先生。
今までの作品同様に魅力的なグラフィックかと思いきや。
何か違和感を覚えるんですよね。
過去作のグラと見比べて気付いたことが。

竜翼のメロディア 応援バナー 涼風のメルト応援バナー
正面を向いている立ち絵をチョイスしたのですが、
輪郭が少し変わって顎がシャープになった気がします。
鼻も点だったのが線になりました。
これらが自分の感じた違和感の正体なのかはよく分からないところですが、
今まであまり変化の見られなかったてんまそ先生の絵に
素人目にも変化が見受けられたのは非常に気になる所です。



(3)キャラクター

ヒロインはフローリア、メル、シンシア先輩、セルフィ、クロエの5人
フローリアは王女であり歌姫。気さくな感じが良いです。
メルは主人公の妹で、もう一人の歌姫。おどおどした感じが庇護欲を駆り立てるかも?
シンシア先輩は…あまり印象に残らず。
セルフィはフローリアの忠実な護衛。ちっちゃい子…?
クロエはトラブルメーカー?正直悪態しか目立っていなかったような…。
ということで、体験版の段階ではヒロインに関して
良い印象を抱かせる展開はあまり無かったかもしれません。
ファンタジー作品の導入はどうしても堅苦しくなりますしね。

それ以上に気になるのは…主人公。
久々にイライラする主人公に遭遇した気がします。
なんだろうな…ただただナンパなキャラであればまだ許せたと思うのですが、
そのクセ女の子の嫌がることはしないとかいう後付は本当に不要です。
開き直ったぐらいのキャラ設定の方が良いと思うのですよね…。



(4)サウンド・ムービー

体験版の段階でも何曲かボーカル曲を耳にすることができます。
過去作同様、Elements Garden制作なので安心のクオリティーです。
OP曲は二人の歌姫が揃い踏みでホント豪華です。



(5)オリジナリティ

ファンタジー作品で音楽を主題にした作品は今まで無かったのではないでしょうか。



(6)システム・コンフィグ

画面演出が効果的だったように感じました。
歌うシーンの臨場感はやはり重要です。



(7)総括:7/10

話の壮大さは良いとして、キャラに魅力を感じられなかったのは厳しいところ。
今回の体験版は「体験版1」とナンバリングされている通り、
続きの体験版が公開される可能性も十分にあり得るので、
今はそちらの方に期待したいと思います。






というレビューでした。
ファンタジー作品と歌姫という取り合わせは凄く良いと思うのですが、
それを生かすも殺すもシナリオとキャラ次第、なのかも。

ではでは今回はこの辺で。
ボーカル曲が8曲もあるということは二人の歌姫以外も歌うのかなぁ…。

関連記事

確かに前作と絵に変化が見られますね。
個人的には竜翼の方が好み。

2012.08.13 13:59 特別高等人 #- URL[EDIT]
Re:

コメントありがとうございます。

> 確かに前作と絵に変化が見られますね。
> 個人的には竜翼の方が好み。

今作は独特のクセのようなものが弱くなったような気がします。
どちらが良いとは一概には言えないトコロではあるのですが、
個人的には前作以前の方が「らしさ」が感じられて良かったです。

2012.08.13 16:26 真咲 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する