『妹びらいざー!』(Silver Bullet)体験版プレイ感想

手先に興奮するとか・・・なんとなく分かるかも!!


Silver Bullet(シルバーバレット)より8月31日に発売されます『妹びらいざー!』です。


“mobilize”という単語は、「(人や集団を)を動員する」や「を結集する」という意味らしいです。
なので『妹びらいざー!』というタイトルには、
「妹の力を総動員!」という意味合い込められているのかもしれません。
…まあ、私の勝手な妄言ですけどね(笑)
そんな『妹びらいざー!』の体験版をプレイしましたので、その感想を書いていきたいと思います。
発売直前だけど気にしない!

ということで、れびゅースタートです。





(1)シナリオ・テキスト

あらすじは公式HPの方でご覧ください。
引用して良いものか迷ったので…。

妹・咲姫(さき)の美脚に恋する主人公と、その兄の手先に恋する妹の、
変態兄妹の織り成すハーモニー・・・を楽しむことができるのが今作です。
主人公が変態だというのはありがちな設定ですが、
兄妹揃ってとなるとなかなか面白くなりそうです。

物語冒頭は主人公が妹の脚に目覚めていく過程が描かれています。
なるほど、確かにあんな美脚が目の前にあれば惚れてしまうのも頷けるところ。
今は脚の時代なのですね…。

妹以外のヒロインには、妹の同級生に幼なじみの姉妹と三人いるのですが、
兄妹を中心に物語が進むので、今後どのようにお話に絡んでくるのかが気になるところ。
兄妹のちょっと歪な愛の育みを阻む存在となるのでしょうか。

そんな今作の体験版は、
兄妹の倒錯的な関係がとても面白く、製品版への期待が膨らんだのですが、
いかんせん作品全体のボリュームが不安なところ。
フルプライスに相当するボリュームを期待して良いのかなぁ…?



(2)グラフィック

原画は梅島うりり先生。
今作が初の原画作品なのでしょうか?
先生の原画の魅力はヒロインたちが小・中がk(ryをイメージさせる見た目のため、
背徳的な雰囲気を味わえることでしょうか。
繊細なタッチもそのイメージを強くさせているように思います。
ちっちゃい子も良いものです。



(3)キャラクター

ヒロインは妹の咲姫にその友人の唯、幼なじみ姉妹の泉美・湖の4人。

咲姫は一見才色兼備な妹だけども変態趣味を持っているという倒錯的な感じが良いです。
唯はツンデレ枠? 意外と化ける気がします。
湖ちゃんは存在が危険。 こ、この子は本当に大丈夫なのか…?
泉美さんは正統派ヒロインのイメージ。でもタダでは終わらなさそうです。

お気に入りはやっぱり咲姫になりますねー。
全てにおいて好みかもしれません。



(4)総括

いつも扱っている他の項目に関しては特別触れることがないので、いきなり総括です。

シナリオも面白そうですしヒロインも可愛いので、大変惹かれる作品でした。
ですが、ボリューム面の不足がどうしても気掛かりとなってしまいます。
意外と伴っているのかもしれませんが、現段階では想像しにくいですね…。






れびゅーは以上です。
プレイしたいという気持ちは8月新作の中でも一番強いのですが、
発売日に購入する勇気が今の自分には湧いてこないですね…。
エロゲーは決して安い買い物ではないので、ある種の覚悟を持って購入する必要があるわけで。
少し時間を置いてから購入を検討したいと思います。

プレイはしたい。本当にしたい。
心苦しいです…。

ではでは、今回はこの辺で。
【妹が魅力的な作品は良作】の法則に則れば・・・むむむ。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する