『おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~』(ユニゾンシフト・アクセント)体験版感想

こよりさん…。

「おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~」情報公開中!

UNiSONSHIFT Accent.(ユニゾンシフト・アクセント)より10月26日発売予定の
『おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~』です。
オフ会で知り合った人たちがみんなちっちゃいオタクの女の子という、
「ちょっとお前、そこ代われよ!」なお話です。

ではでは、さっそくレビューと行きましょう。






(1)シナリオ・テキスト

あらすじです。

マンガ、アニメ、特撮などが趣味の、いわゆるオタクな主人公。
そんな主人公は、ネットで知り合ったオタク仲間とオフ会を開催することに。

…しかし!オフ会に現れたオタク仲間の正体は
小さなかわいい女の子ばかりだったのだ!

リアルの女性は苦手だがなんだかんだで面倒見のいい主人公は、
みんなに慕われ、気がつけばつるんで行動するように。
もちろん、つるんで行く先はオタク御用達のとってもこゆい店ばかり…。

オタ的な知的好奇心を満足させる為、そしてエロい好奇心を満たす為に
今日も主人公はちっちゃな身体相手にドキドキするのだ!


(公式ストーリー紹介より引用)



ということで、コミュニティ内でオフ会をしたらみんな女の子だったというお話。
いやー、そういう事もあるんですねー。
……ないよ!

そんな羨まけしからんお話なのですが、
あり得そうであり得ない、絶妙なリアリティーのある世界観なんですよね。
なので、尚更こみ上げてくるものがあるというか…。

テキストはクスリと笑えるような小ネタが仕込まれていて面白かったですね。
オタ知識も深まりそうです(笑)

懸念材料はボリュームかなと。
あまりお話を広げられるような題材でもないですし、
また攻略ヒロインは4人ですし、どうなのかなぁという感じ。
こよりさんも攻略ヒロインだったらなぁ…。



(2)グラフィック

織澤あきふみ先生とひなたもも先生がそれぞれ2キャラずつヒロインの原画を担当されています。
『おたく仲間はちっこいマニア』という副題そのままに、
ヒロインたちはみな小さい容姿の女の子です。
少し感心したのが、ロリ巨乳などといった邪道(?)のヒロインは存在せず、
パーフェクトにロリロリな子しか居ないということ。
素晴らしき徹底っぷり。
こいつぁ沢山の大きなお友達が釣れるぜ…。

おたマ!体験版画像01
舞台となるオタ街は、大阪難波にあるオタロードがモチーフとなっていますね。
アキバが登場する作品はそう珍しくないのですが、
そこで敢えてオタロードをチョイスする作品は今まで無かった…かも?
日本橋のマスコットキャラのデザインはいとうのいぢ先生がされていますし、
そう考えると当然なのかもしれませんね。



(3)キャラクター

さくっとヒロインのファーストインプレッション。

「おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~」情報公開中!
漫画家志望のきらら。
男口調が逆に可愛いですね。

「おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~」情報公開中!
声優さんのまみ。
エロゲ趣味か…、リアルにエロゲ趣味の女性とか居るのだろうか。
この子場合、趣味は趣味でも将来への投資も兼ねているのですが。

「おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~」情報公開中!
親戚で妹的な存在のもみじ。
昔ハマったアニメなどに感化されてオタ趣味に目覚めていく子。
こういう子の存在は作品のアクセントとなりますよね。

「おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~」情報公開中!
オカルトマニアで腐女子のいいな。
この世にホモが嫌いな“男”は居ない!…と本気で思ってる子。
ホモ以外は帰ってくれないか!
…ま、価値観はそれぞれですよね。

「おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~」情報公開中!
ヒロインは上記の4人なのですが、魅力的なキャラが一人。
特撮好きのこよりさん。
なんで…なんで攻略ヒロインじゃないんですかー!!(バンバン



(4)サウンド・ムービー

OP曲はまみのCVも担当されている西野みくさんが歌われています。
良い塩梅の電波ソングとなっていますね。



(5)オリジナリティ

登場人物のほとんどがオタクというと、『おたく☆まっしぐら』(銀時計)が真っ先に挙がりますが、
あれとはまた違った印象ですね。
『おたマ!』の方が濃く感じるのかな。



(6)総括

完全にノーマークだっただけに、体験版をプレイした際の衝撃が大きかったです。
なんとも良いものがあったなぁ…。
ちっちゃい子ばかりなのは嗜好の限られるところですが、
偶にはそういう作品も良いかもしれません。






というレビューでした。
お気に入りのキャラはこよりさんなんですよねー。
若干空回りしている感じもツボなのですが、攻略ヒロインではないんでしょうね…。
おい、主人公! 見る目無さすぎるんじゃないのか!!

ではでは、今回はこの辺でー。
まぁ、自分でもロリコンって認めてたしなぁ…。
自覚できるその心意気は素晴らしいと思います。
…何の話だ。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する