『プリズム◇リコレクション!』(Clochette)体験版感想

色んな意味で圧倒的ボリューム!

【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!

Clochette(クロシェット)より12月21日発売予定の『プリズム◇リコレクション!』です。
クロシェット待望の新作がいよいよ体験版の方が公開されました。
今作でも素敵なおっぱ…女の子と出会えそうですね。

ではでは、レビュースタートです。
よければお付き合いくださいませー。





(1)シナリオ・テキスト

あらすじです。

時は西暦2040年、
かつて創作物の中で描かれた未来ほど劇的な変化はないが、世界は順当に科学技術を発達させていた。
旧世紀の日本の姿をいまだ周辺に残しつつ、都市中心部は新時代を迎えつつある――
そんな地方都市・《図南》が舞台となる。

ひとり暮らしをする昌信のもとに届いた一通のメール。
送信者は数年離れて暮らしていた母で、
瀬戸内海の地方都市・図南市に引っ越しをするよう指示するものだった。

九条ヶ丘学園への転入をすませた昌信は、友人関係を築いていく中で、
《連城紗耶香》が部長を務める《☆☆☆部》(ほしみっつぶ)へ加わる。
☆☆☆部は観光案内サークルである。
そんな特殊な部活だが、正式な学園の部活として認められており、
学内学外における認知度・貢献度ともに高いという。
だが、九条和泉、《初咲雛乃》といった構成部員の内実を知るにつけ、
昌信に☆☆☆部への印象は『変人集団』として確立していく。

そんな経緯もあり、昌信から心のオアシスとして認知され、
健全なおつきあいを期待されるクラスメイトの《アイナ・アシュウィン》も、妹のこのかも、
ちょっと変わった活動の☆☆☆部の仲間へと加わっていく。
昌信もまた人のことは言えない『変人の片鱗』を磨きだされていってしまう。


(公式ストーリー紹介より引用)



ということで。
引っ越し先の学園で謎のサークル『☆☆☆部』に所属するようになり、
その先々では楽しい出来事たちが…というのが今作の簡単なあらすじでしょうか。
『あまつみそらに!』や『カミカゼ☆エクスプローラー!』と比べると
大がかりな事件が起こったり…ということはあまりなさそうですね。
その分、学園生活であったりヒロインとの二人の時間であったりという
日常の一コマ一コマが沢山描かれてくるのかもしれません。

体験版に収録されている物語冒頭ですが、お話の方が冗長に感じました
序盤で説明すべき項目が多いのも事実ではあるとは思いますが、
それを差し引いてもちょっと話がクドいなぁと感じました。
900MBオーバーという大容量の体験版であるにも関わらずあまり話が進んでいないのは
その辺りが関わってきているように思います。



(2)グラフィック

原画はクロシェット看板絵師のしんたろー先生。
『カミカゼ☆エクプローラー!』の影響を受けて(?)か今作も爆乳揃いですね。
HPのサンプルCGなんてもうエロイの一言です。

体験版に収録されているHシーンで凄いなぁと思ったのが、胸を揉む差分が大変細かい。
おっぱいに対する情熱が無いとアソコまで細かい演出はできませんよね。
素晴らしいです。



(3)キャラクター

ヒロインたちは皆可愛いですし、その周りのキャラクターたちも面白かったです。
ですが、突き抜けて印象に残ったキャラは居なかったかもしれません。
以下で各ヒロインの印象をざっくり。

【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
妹のこのか。
物静かなタイプですが、お兄ちゃんへの愛情は本物です。
少し跳ねている前髪(微妙に横?)が印象的。

【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
凄腕エンジニアな雛乃。
主人公よりひとつ年上ですが立派なものをお持ちです。
金髪ツインテにメイド服は素晴らしくあざといです。
ですが、それが良い。

【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
天然さんのアイナ。
海外からの留学生ですがあまりそんな感じはしないですね。
髪飾りも凄く和風。
どのヒロインよりも日本人らしいかも。

【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
特攻突撃型の紗耶香。
最初に登場したヒロインでしたので、とても印象に残っていますね。
紗耶香といいこのかといい、そんなに無防備で良いのでしょうか…。



(4)サウンド・ムービー

OP曲の歌い手はAiRiさん。
楽曲のプロデュースは前作と同様にmilktubなのですね。



(5)オリジナリティ

なんでもアリな部活というのは現実ではともかくとしてフィクションではよくある設定ですので、
今後の展開でいかに確固たる印象を持たせるかどうか、でしょうか。



(6)システム・コンフィグ

セリフの途中で表情が変わったりするので、よそ見をする暇がないですね。
ARの出現(作品内での)など、背景の演出が面白かったです。



(7)総括

今までのクロシェット作品と比較すると序盤の勢いが弱かったかなと。
体験版以降ではどうなるかは分かりませんが、現段階では判断に迷うところですね。
Hシーンは間違いなくえっちぃのですけども。






以上が『プリズム◇リコレクション!』の体験版の感想・レビューとなります。
体験版をプレイしたことで更に色々考えてしまいそうですね。
12月も買いたい作品が多いですし…うーむ。

ではでは今回はこの辺で―。
おっぱいは世界を救うのか。ふむり。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する