『でりばらっ!-deliverance of strays-』(Parasol)プレイ感想その2(個別ルート②)

少し間隔が開きましたが、この作品のレビューの続きです。


でりばらっ!-deliverance of strays-(amazon)



Parasolから5月27日に発売されました『でりばらっ!-deliverance of strays-』です。

 今回は響子と命(みこと)の個別ルートの感想となります。
 前回の記事はこちらから。
 共通ルートの感想はこちらから。



ということで、レビュースタート。







『でりばらっ!』応援中です!
まずは、響子ルートについて。

 ・・・なんだコレ。

 他のルートもそうですが、全然こういう展開を臭わせてなかったのに・・・。
 公式のCG紹介でそれっぽいCGがありますが、それだけでこの展開を予期するのは無理だ・・・。

 話自体は面白かったです。
 伏線もしっかり回収して、話の整合性も取れていました。
 でも、このような展開を『でりばらっ!』に期待した人はいるのでしょうか・・・?
 少なからず、自分は期待していなかったです。
 面白いんだけど、うーん。。。



『でりばらっ!』応援中です!
最後に、メインヒロイン(であろう)ルートについて。

 物語の核心に触れられ、メインヒロインに相応しいシナリオとなっています。
 ボリュームも一番あります。
 それだけに、他のヒロインとのシナリオの質の違いが明らかですので、最後にプレイするのがベストですね。

 しかし、ここまでプレイすると、 『でりばらっ!』はこういう作品なんだなと納得できますね。
 そういう展開を期待していたかは別として。
 話自体はホントよく出来ているんだけどなぁ・・・。



響子と命の個別ルートの感想は以上となります。

 改めて思うのは、この作品ほど攻略順に気を付けなければならない作品はない、ということ。

『でりばらっ!』応援中です!(彩)
 ↓
『でりばらっ!』応援中です!(澄光香)
 ↓ 
『でりばらっ!』応援中です!(響子)
 ↓
『でりばらっ!』応援中です!(命)

 個人的な推奨例は以上なものとなります。
 とにかく各ヒロインのシナリオのバランスが悪い
 攻略順を固定にするなどの配慮が欲しかったところです。

 あと、どのルートもオチが弱いです。
 苦心していた問題があっさり解決するので、呆気ない感じがします。

 総合的に見ればいずれのルートも良いシナリオです。
 でも、色々間違えてしまっている気がします・・・。



ということで、今回のレビューはこのあたりで。

 次回は総括をして締めくくりたいと思います。
 色々不満なところばかり書いてしまいましたが、面白かったのは事実なので、評価に苦しむな・・・。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する