『中二病な彼女の恋愛方程式』(PeasSoft)体験版感想


■今回は、PeasSoft新作の『中二病な彼女の恋愛方程式(ラブイクエイション)』
体験版の感想と相成ります。
個別ルート冒頭を含んだver.2準拠の感想となります。

当ブログも「厨二病」を掲げておりますが、
こういった作品をプレイすると認識を改めざるを得ないですね。
中二病はもっと根深いものだと…。

ではでは、レビュースタートです。






お話の簡単な流れとしましては、
女子寮に唯一の男子として入寮することになり、
そこの寮生たちと触れ合っていくうちに…というものですが、
その寮生たちが一癖も二癖もあるというのが今作のポイント。
タイトルの通り、中二病を患ったヒロインが多数登場します。
…と言ってはみたものの、全5ヒロインの内、
典型的な中二キャラは3人で、残る2人はまだはっきりとしない印象。
後々の展開で化けてくるのでしょうか…?


体験版をプレイした限りでの評価ですが、
一人一人の個性が強過ぎて、互いを相殺し合っているような印象を受けます。
それ故に、変人ばかりのヒロインの中で
非中二病で清涼剤のような役割を果たしている千聖(上のバナーの子です)が
一番魅力的に映ってしまうというジレンマ。
ツインテール・ツンデレと要所を押さえた属性も相まって
個人的には断トツにお気に入りです。


普段は振り回されてばっかりのヒロインが交際を始めると女の子らしい一面も見せるという
いわゆるギャップ萌えを狙っている作風だと思うのですが、
ver.2に収録されている個別ルート冒頭にて
そういった物も少し垣間見ることが出来ました。
一人のヒロインが色んな表情を見せてくれるのは良いですね。


原画はゆき恵先生と蟹屋しく先生のお二方ですが、
どのヒロインもとても可愛らしく描かれています。
特に彩色についてはゆき恵先生個人のそれに合わせており、
非常に繊細に繊細な印象を受けます。
グラフィックは一見の価値と言えるでしょうか。


ということで、今作の購入ポイントは↓の3つ。

①両原画家のイラストが好き!
②痛々しいヒロインが好き!
③ギャップ萌えが見たい!


①は安心できるクオリティーではあるのですが、
②、③については体験版の段階ではまだまだ未知数のため
期待半分・不安半分と言ったところでしょうか。
どのヒロインも見た目は抜群に可愛いだけに、中身は果たして…。


ではでは、今回はこの辺で。


関連記事

管理者にだけ表示を許可する